ブリアンで虫歯予防を習慣に

ブリアンで虫歯ケアは「治療」から「予防」に変えよう

ブリアンで虫歯予防

 

ブリアンは虫歯菌を除去できる!ということで人気の子供用歯磨き粉ですが、
今ある虫歯(ごく初期の虫歯以外)を治すことはできません。

 

そのため、虫歯になってしまったら治療をしなくてはいけないのですが、
特に乳歯は虫歯の進行が早いので注意が必要です。

 

ただ、最近では歯医者でも「予防歯科」というのを聞きますよね?

 

病気でも治療よりも予防の時代になっていますが、虫歯も同じなのです。

 

虫歯の予防?と思うかもしれませんが、誰でも毎日している歯磨きだって
大切な予防のひとつ!

 

いろいろ試すことを考えたら、まずはきちんと歯磨きをする方が重要なのです。

 

そんな歯磨きを有効にするのがブリアンで、虫歯ケアをしっかりサポートしてくれます。

 

>>ブリアンでも効果がない?

 

 

シーラントやフッ素などでの予防はどうなの?

 

虫歯予防と言えば、フッ素。

 

それから最近は虫歯を60%以上も予防すると言われているシーラントが有名ですよね。

 

フッ素については以前お伝えしたのですが(→こちら)シーラントは?というと
磨きにくい歯の溝にプラスチックを埋め込むのですが、取れてしまうことがあるので
きちんと確認をしなくてはいけません。

 

実はとれてしまうと、そこから虫歯になりやすいというデメリットもあるのです。

 

また、シーラントを埋め込む(塗った)ところしか虫歯予防はできないので、虫歯になりやすい

  • 歯と歯の間
  • 歯と歯茎の間

 

などには効果がなく、あまで「部分的」ということです。

 

また、取れやすいので親がきちんと確認をして、取れたらすぐ歯医者に行かなくてはいけません。

 

 

シーラントは、どうしても奥歯の磨きにくいところに磨き残しがあるから・・・と言う場合には
有効だと思います。

 

しかし、歯磨き嫌いだったり、全体的に磨けない子にとっては他の部位は虫歯予防ができません。

 

そのため、やはりシーラントやフッ素よりもまずはブリアンで歯磨きをしっかりできるようになる方が虫歯予防には最適!と言えますね。

 

>>子どもが歯磨きを嫌がる理由と解決法

 

 

治療でなく予防で歯医者に通いましょう

 

ブリアンで虫歯予防

 

虫歯の経験がない人にとっては歯医者は無縁かもしれませんが、子供の虫歯経験があると
大泣きされたり、親子ともにイヤな思いでしかない場所だったりしますよね。

 

歯医者=痛いことされると思うと、子供も行く前から嫌がってしまうことがあります。

 

でもそれは『歯医者が治療をしに行く場所』だからではないですか?

 

虫歯の少ない国では予防歯科が当たり前のようになっていますが、検診はとても大切で
初期虫歯や口内環境を確認してもらうことで、徹底した虫歯予防ができます。

 

正しい歯磨き指導や磨き残しのチェックもしてもらえるので、ブリアンで虫歯予防をしていても
検診には通うようにしてくださいね。

 

お子さんも痛いことをされない場所になれば、安心して通えるようになります。

 

 

まとめ

 

きちんと歯磨きをしてくれるようになるのが、ブリアンの虫歯予防の第一歩です。

 

そのうえで、健康な歯を育てるために「虫歯治療」だけではなく「予防」で歯医者に通うことで、
より効果的に虫歯予防ができるようになります。

 

どうしてもブリアンを使って歯磨きをしても奥歯が磨けなかったり、仕上げ磨きがうまくできないと
いうときは、きちんと歯医者でみてもらい、確認してもらいましょう。

 

虫歯が無かったり、歯磨きを褒められると親だけでなく、子供も自信がつきます。

 

シーラントやフッ素での予防も良いかもしれませんが、口内環境を考えて全体的な虫歯ケアを
ブリアンでしっかり行ってくださいね。