ブリアン歯磨き粉って本当は効果なし?使い方に注意!

ブリアン,歯磨き

 

ブリアンは小さな子供も安心して使えるよう、材料や味などにこだわって作られた歯磨き粉です。
アットコスメなどの口コミサイトでも、虫歯が減った、
子供がすすんで歯磨きをするようになったなど高い評価を受けています。

 

一方で、虫歯予防の効果を期待してブリアンを使ってみたものの効果なし、という口コミも見られます。

 

本当にブリアンには虫歯を予防する効果はないのでしょうか?

 

ブリアンは市販されているペースト状の歯磨き粉とは使い方が異なります。
正しい使い方をしなければ、ブリアンの本当の効果は得られません

 

ブリアンにはBLIS M18という虫歯菌除去成分が配合されています。
このBLIS M18は善玉菌の一種で、歯垢や歯の汚れを取り除き、虫歯を防いでくれます

 

しかしBLIS M18は非常に生命力の弱い菌なので、ブリアンを使用した後に、
マウスウォッシュで口をすすいだり、市販の歯磨き粉で歯を磨いてしまうと、
BLIS M18は歯の汚れを取り除く前に死んでしまいます。

 

BLIS M18をそのまま口の中に残すためには、市販の歯磨き粉との併用は避け、
歯磨きの後はできるだけうがいなどをしないことがベストです。

 

ブリアンは正しく使えば、まだうがいができない小さな子供の虫歯予防にも役立ちます。
使用方法をよく守って、子供の健康を守ってあげてください。

 

 

ブリアン歯磨き粉の正しい使い方を覚えて虫歯予防しよう。

 

ブリアンは子供の虫歯予防に効果的な成分を含んだ歯磨き粉です。
アットコスメなどの口コミサイトでも評価は高く、
小さな子供を持つご家庭から支持を受けています。
しかし、ブリアンは使用方法を守らないと、本来の効果を十分に発揮できません。
ブリアンを使用する際に気を付けるべきポイントを説明します。

 

ブリアンは市販されている歯磨き粉とは、成分も使い方も大きく異なります。

 

ブリアン,歯磨き

 

ブリアンが虫歯予防に効果を発揮するのは、
ブリアンに含まれるBLIS M18という善玉菌のおかげです。

 

BLIS M18は歯の表面にこびりついた歯垢や、歯ぐきや歯の隙間など
歯磨きでは取り除ききれない隙間に入り込んだ汚れを除去するはたらきがあります。

 

BLIS M18は非常に生命力の弱い菌で、市販の歯磨き粉や
マウスウォッシュに含まれる殺菌剤に触れると死んでしまいます。

 

BLIS M18をできるだけ多くお口に残すためには、市販の歯磨き粉や
マウスウォッシュとの併用はなるべく避けてください
歯磨きの後はうがいも控え、口の中に溜まった唾液を吐きだすだけにとどめましょう。

 

ブリアンは泡立ちも少ないので、市販の歯磨き粉に慣れていると
あまり歯を磨いた気がしないかもしれませんが、
虫歯を防ぐ成分は確実に口の中に残っています。

 

どうしても磨き足りないという場合は、歯ブラシに何もつけず一度歯を磨き、
仕上げ磨きにブリアンを使うようにすると効果的です。

 

 

ブリアンの正しい使い方を漫画で分かりやすく説明されている♪
 ↓↓↓
ブリアンの正しい使い方【漫画版】