親と子供の虫歯の関係

子供の虫歯は親の責任!こんなこと、してませんか?

ブリアンと虫歯予防

 

「子供の虫歯は親の責任」と言われて落ち込んでいる方もいると思います。

 

たしかに、どんなに歯磨きを一生懸命したり、虫歯にならない方法を習慣にしても
なぜか虫歯になってしまうということもあります。

 

歯は人それぞれ違います。

 

そのため、どうしても虫歯になりやすい子がいても仕方ないことなのかもしれません。

 

ただ、自分も虫歯になりやすいから子供もなりやすいというのは間違い!

 

またきちんとしているつもりでも「正しく」出来ていない場合があるので、ちょっと見直すと
変わることだってあるのです。

 

 

毎日の生活で気をつけたい2つのこと

 

子供の虫歯で気を付けたいことはいくつかありますが、その中でも特に注意したいのが
下記の2つです。

 

歯磨き

虫歯予防に一番重要なのは「歯磨き」

 

  • 歯磨きを嫌がるから諦めている
  • 自分でさせている
  • 仕上げ磨きはしない(させてくれない)

 

大きくなれば嫌がらなくなると思うかもしれませんが、大人になっても歯磨きをしない人って
いますよね。

 

習慣になっている人は歯を磨かないと気持ち悪いと感じますが、習慣になっていない人は
気にならないことだってあるのです。

 

仕上げ磨きはスキンシップにもなるし、口の中をチェックするのにも大切なことです。

 

ブリアンは虫歯菌除去成分が奥まで行き届きますが、嫌がる時でも仕上げ磨きは少しずつ
できるようにしていきましょう。

 

 

オヤツや飲み物

甘いものや炭酸飲料、ジュースが好きな子は肥満になる可能性もありますが、
虫歯になる可能性も大!です。

 

実際に中高生で虫歯ゼロの子で、小さな時から炭酸飲料を飲む習慣がなくて炭酸が苦手、
野菜ジュースとかが好きだったり、親の手作りおやつを食べることが多かった子もいます。

 

もちろん、炭酸飲料や甘いものが大好きでも虫歯ゼロという子もいるのですが、
それはきちんと虫歯予防ができているのか、虫歯になりにくい体質の可能性があります。

 

糖は虫歯菌の大好物なので控えて、キシリトールガムを食後の習慣にしたり、
歯にくっつきやすいものやダラダラ食べることもやめましょう。

 

乳児の歯磨きはいつから?>>

 

→新!虫歯予防生活をブリアンではじめませんか

 

 

虫歯でわかる親との関係?

 

ブリアンと虫歯予防

 

『子供の虫歯が多いと、虐待やネグレクトの可能性がある』

 

そう言われてしまうと、子供に虫歯が多いママさんは悲しいですよね。

 

どれだけ一生懸命虫歯にならないように気を付けていても虫歯になってしまうこともあるし、
神経質にならなくても(仕上げ磨きとか適当でも)虫歯にならない子はいます。

 

歯を見ればネグレクトかどうかわかるという意見もありますが、歯医者や検診に行った時に
食生活や歯磨きの状態がわかることもあります。

 

しかし中には

  • 検診に連れて行かない
  • 口の中を確認していないから虫歯に気付かず歯医者に連れて行かない

 

こんな育児放棄状態もあります。

 

大切なのは、虫歯を見つけてしまったら、なるべく早く歯医者に連れて行くこと。
そして、これ以上虫歯ができないようしっかり予防をすること!

 

歯磨きなど心配があるなら、検診で歯医者に行くようにしてくださいね。

 

虫歯菌に悩むのなら、ブリアンでしっかり虫歯菌除去して虫歯になりにくい環境にしましょう。

 

 

まとめ

 

子供の虫歯は親の責任という言葉でストレスを感じたり、歯医者で何か言われるのでは?と
不安に思う人もいると思いますが、歯医者に行かずに悪化するのはよくありません。

 

毎日正しく歯磨きをして、あとは虫歯にならないように気を付けること。

 

そのうえで虫歯になってしまったら、早めに歯医者に行きましょう。

 

また歯磨きはコミュニケーションのひとつなので、仕事や下の子の育児で忙しいママでも、
仕上げの少しの時間は楽しく子供と過ごせる時間してくださいね。

 

 

→ブリアンの公式サイトへ