ブリアン歯磨き粉

子どもが歯磨きを嫌がる…どうしたら良いの?

泣く女の子

子育てで難しいのが、「子どもが嫌がることをさせなくてはならない」ということ。
歯磨きもそのひとつで、嫌がってうまく磨けていない、と悩むママも多いです。
しかし焦らず、まずは嫌がる理由を理解し、その対処法を実践してみましょう。

 

 

子どもが歯磨きを嫌がる理由は?

 

歯磨きを嫌がる理由は子どもの年令によっても変わってきます。

 

歯が生え始めた赤ちゃんの段階で嫌がってしまうのは
「口の中を触られていることに慣れていないから」です。

 

大人だって初めて口にするものには抵抗があるほどですから、
赤ちゃんにとって口の中を触られたりものを入れられるというのは、
とっても抵抗を感じることです。

 

歯が生えてきたから、と当たり前に歯磨きをするのではなく、
はじめは慣れることが肝心、と思って口の中を触ることからはじめていきましょう。

 

→歯磨きが嫌がる子供の為に作られた歯磨き粉

 

 

 

2,3歳になって、歯磨きをすることはわかってきたけど歯磨きを嫌がってしまうのは
「ママの磨き方が気に入らないから」

 

子どもの歯がある程度生えてきたのに磨けていないのは心配ですよね。
そこでママはよく磨いてあげたいゆえに子どもの体を力を入れておさえたり、
口の中をゴシゴシしてしまいがちですが、その状況は子どもが不快に感じてしまいます。
この不快感から歯磨きを嫌ってしまえば元も子もありません。

 

こうなってしまえば歯磨きの方法を変えて、気分を害さずできるように工夫しましょう。

 

またこの頃はなんでも嫌がる時期なので、歯磨きを嫌がるのは当たり前でもあります。
この場合、本人がその気になるまで待つ、というのも一つの手です。
ひとまず様子を見てあげましょう。
ただ、ずっと待ってるのにひたすら嫌がる、というやりとりから進まなければ
意味がありません。
待っても平行線なら、やはり歯磨きに興味を持ってくれるように工夫が必要です。
以下の方法を参考にしてみてください。

 

 

子どもが歯磨きを嫌がらない方法

泣く女の子

歯磨きタイムを楽しい雰囲気にする

よく教育テレビで流れているような歯磨きの歌を流して
楽しい雰囲気作りをするのが効果的です。
今はテレビだけでなくインターネットでも歯磨きに関する楽しい映像が
見れるので、いつでも歯磨きの楽しい雰囲気作りができます。
そして、磨いてくれたらとにかく褒めてあげましょう。
歯磨きする=楽しい、褒められて気分がいい
という明るいイメージにすることが大切です。

 

 

ママも一緒に歯磨きする

子どもと一緒に、ママも楽しい雰囲気で歯磨きするようにしてみましょう。
子どもというのは大人の真似をしたがるので、
ママが楽しく歯磨きしていると自分もしたくなってきます
歯磨きをしだしたら、お互いの歯をチェックしあったり、
ママの歯を磨かせてみたりしましょう。
歯を磨く以外の動作をすることで、歯を磨くことに興味を持ちやすくなります。

 

 

子どもの気に入る歯磨きグッズを使う

そもそも口に歯ブラシを入れるという動作に抵抗があるのは無理もありません。
抵抗があるなら、せめて好きなグッズを使わせてあげると、
子どもも食いつきやすいです。
歯ブラシは好きなキャラクターのもの、そして年齡に合った柔らかいもので選ばせてあげましょう。
また、歯磨き粉も大人と一緒のものを使わせるとからかったり扱いづらかったりで、嫌がってしまいます。
ブリアンはやさしいイチゴ味で、飲み込んでしまっても良いので子どもが気に入って扱いやすいという点からもおすすめです。
その他にも子ども用歯磨き粉は色々でているので子どもの気に入る歯磨き粉を見つけましょう。