ブリアン歯磨き粉

乳児の歯磨きはいつから?

乳歯の歯磨き

乳児の歯磨きを始めるタイミングについて、目安として生後6ヵ月から9ヵ月頃、
下の前歯が二本生えてきたら歯磨きを始めましょう。

 

 

とは言え、はじめは赤ちゃんが歯磨きという行為に慣れることが課題です。
「磨く」というよりも慣れてもらうように「顔や口の中を触る」という感覚で
始めましょう。

 

最初の歯が生えるまでも、食後のお口の掃除に慣れてもらうため、
母乳を飲ませた後にぬるま湯を飲ませる、口の中をガーゼで拭うなど
しておくことをおすすめします。

 

 

乳歯が虫歯になるとどうなるの?

 

乳歯の虫歯には以下の様な特徴があります。

 

・白い
・歯間にできる
・痛みを感じにくいので気づきにくい
・進行が早い

 

実はこのように、乳歯の虫歯は白くて気づきにくい場所にできるため
発見しづらい、のに進行が早い、
という手強いものなんです。

 

虫歯が進行していく中で、
目に見えてわかってきます。
症状としては次のようなものです。

 

・初期の段階
見た目では白く濁っている。

 

・治療が必要な段階
穴があいてくる

 

・神経まで到達している段階
神経の根の部分に膿がたまってくる

 

 

乳歯が虫歯にならないために

そもそも、生まれたての赤ちゃんは虫歯菌をもっていません。

 

その無菌の状態から、虫歯菌を持つようになるきっかけは
主に世話をする家族です。
2歳半までに虫歯菌を持つようになると今後虫歯になる可能性が高くなってくるので
気をつけたいところですが、
この虫歯菌の感染はスプーンの共有など母子の日常生活のひょんなことから起こってしまいます。
子育てをしていると、気をつけていても防ぎきるのは難しいです。

 

とは言え、乳歯は虫歯菌をもらったときから虫歯になるのではありません

 

虫歯菌が増えて歯を溶かすようになることで虫歯になります。

 

虫歯菌をもらっても虫歯にならないためには、いかに虫歯菌が増殖するのを防ぐかにかかってきます。

 

虫歯菌を増殖させるのは乳酸で、これは食品で言うと砂糖などの糖類のことです。
なので、この頃に虫歯菌が赤ちゃんにうつったかどうかがわからなくても、
甘いものは極力さけておいた方が賢明です。

 

赤ちゃんが虫歯にならないように虫歯を避けるためには、
虫歯菌に感染してしまうことはやむを得ませんが、
虫歯菌を増殖させないことがポイントになるのです。

 

→虫歯菌除去できる歯磨き粉「ブリアン」について