フッ素の安全性とブリアン

フッ素の安全性や効果が心配ならブリアンがオススメ!

フッ素の安全性

 

一昔前は、虫歯予防と言えば「フッ素」だったのに、最近では安全性が問題視されて
いますよね。

 

歯磨き粉にはフッ素が配合されていているし、フッ素塗布もいまだに虫歯予防として
定番なので、子供の安全性や虫歯予防を考えれば、ハッキリしてほしいものです。

 

フッ素は安全なの?どうなの??

 

フッ素の安全性は、調べれば調べるほど「謎」ですよね。

 

今ここを見ている人の中にも、検索してたどり着いた・・・という人がいるのでは
ないでしょうか。

 

フッ素は飲みこんだり、使用量が多いと副作用を起こす可能性があります。

 

適量で歯磨き粉にゆすぎが出来れば大丈夫というわけですが、子供の場合は
歯磨きしながら吐き出さずに飲みこんでしまう子も多いです。

 

しかし、日本ではここ何十年もフッ素塗布をしてきました。

 

昔から使われていて、後々よくないとわかるものもたくさんありますが、
そこまで被害がひどいとしたら、歯医者や歯磨き粉で今使われていることは
ないのでは?と思いませんか?

 

食べものだって過剰摂取での危険性はあるし、アレルギーもあります。

 

フッ素の安全性はあやふやと思うかもしれませんが、賛否両論なのでどうしても
ハッキリしたことが言えません。

 

現状では『正しく使えば使用禁止になるほど危険ではない』ということです。

 

虫歯予防の効果は?

 

フッ素は歯を強くしてくれますが、虫歯予防効果は完全ではありません。

 

定期的なフッ素塗布とは配合の歯磨き粉で歯を磨いていたけど、虫歯になったことが
あるという経験、ありませんか?

 

虫歯菌を除去したり、歯垢を取り除くと言う効果はないので自分次第ということ!

どれだけ正しい歯磨きやケアができるか、ということなのです。

 

 

気になるならフッ素が使用されていないブリアンを

 

ブリアンとフッ素

 

安全性もわからなくて不安だし、それでいて予防効果もいまいち。

 

そう思っているなら、フッ素を使用していないブリアンに変えてみませんか?

 

虫歯菌除去成分を配合しているし、優しい成分なので赤ちゃんから使えて、
ゆすげなくても大丈夫です。

 

ブリアンはフッ素や強い成分を使うと、弱い菌(乳酸菌)なので死滅してしまいます。

 

そのため、研磨剤や殺菌剤なども使用していません。

 

フッ素だけではなく、歯磨き粉の成分に不安を感じている方にもオススメです。

 

>ブリアンは安全なの?成分や効果はこちら

 

 

まとめ

 

フッ素の安全性については、正しく適正量を使えば大丈夫。

 

ただし、効果については定期的に塗布したり、それ以外のケアも必要。

 

ということで、イマイチ効果がなくて虫歯になったり、安全性が気になりながら
(疑いながら)使い続けることはないかな?と正直思います。

 

良くないと言われる食べ物を避けるように、フッ素も気になるのなら排除しましょう。

 

歯磨き粉をブリアンに変えるだけで虫歯菌除去できるというのも本当?と思いますが、
60日間返金保証でしっかり試せるし、成分も安心です。

 

毎回歯医者で大泣きしていたお子さんも、ブリアンならフッ素塗布に行かなくて良いので、
子供の苦痛も親の手間も省くことができます。

 

特にフッ素へ虫歯予防を期待するなら、より効果があるものを選んだ方が賢いです。

 

⇒ブリアンの公式サイトへ